自動でフタが閉まる不思議なバッグ

おしゃれパーソン達がこぞって愛用しているトートバッグですが、そのトートバッグの難点を解消した画期的バッグが誕生しました!

その名は
『マジックトート”ZUBORA”』


一般的なトートバッグの「いまいち」ポイント

↓↓↓↓↓

みーんなまとめてZUBORAが解決!

ZUBORAは、「便利」と「オシャレ」と「TPO」のすべてにアプローチした贅沢トート。

デキる女&デキる男は鞄で差が付く!

みーんなまとめてZUBORAが解決!

ZUBORAは、「便利」と「オシャレ」と「TPO」のすべてにアプローチした贅沢トート。

デキる女&デキる男は鞄で差が付く!
POINT
1

マルチプルマグネットでピタッと閉じる!

ファスナーではなく数センチ間隔で配列されたコイン型磁石が引き合ってバッグの蓋を閉じる構造(特許申請中)だから開閉がワンタッチでスマート!ギコギコとファスナーを開け閉めするわずらわしさから解放され、バッグの開閉が魔法のように簡単でエレガントです。
持ち手を広げるだけでスパッと蓋が開いて、引っくり返しても中のものが落っこちない!

POINT
2

ボーン内蔵で自立します!

トートバッグはクタッとなりやすいものですが、マジックトート”ZUBORA”は、トートバッグの一番折れやすい部分、すなわち、底の四つ角から天部の両端にかけての直線ラインにボーンを内蔵したことにより、凹んだり、折れ曲がったりせず、床においてもサクッと自立するので、バッグの置き場所に困りません。


POINT
3

肩にかけるがすべてじゃない!

キャリーに

ZUBORAの外ポケットは、ファスナーを開けば「キャリーバースルー」に早変わり。

ベビーカーに

マザーズバッグとしても大活躍。
これはもう、働くママに最適なビジネスライクなデザイン。

カートに

財布を取り出すときも
ワンタッチ!

車椅子に

車椅子を利用されておられる当事者の方やご家族の方、介護士さん、ヘルパーさんに大変喜ばれております。


POINT
4

貫禄のある風貌でビジネスシーンも大活躍

高級PUレザーを採用。質感、光沢感、手触り。最高級品質を保証します。
中芯として圧縮ウレタンシートを入れているので肉厚でしっかりとしています。
内布にはシルクタッチの高級裏地を使用。洒落たストライプの折柄で「バッグの値段は内側で決まる」といいますが、申し分のない上質さをご実感いただけることでしょう。

SHOPPING

• 撥水防汚PUレザー(黒)
• ブラックは本牛革持ち手使用/ブラウンは共生地で滑り止めテープ付き
• 内側にノートパソコン用ポケット/手のひらサイズポケット
• 背側にポケット兼キャリーバー通し付き
• セルフクロージング搭載
• 防水裏地付き
• マルチループ付き
• ショルダーストラップ付き

※画像は実際の商品と色味や仕様に若干の差が生じる場合があります
刻印

一点一点心を込めてお作りいたします

ZUBORAは全て手作業で仕立てます。お届けまで約2週間いただいております。

万が一、お知らせより納期が遅れる場合は事前にご連絡いたします。その際、納期遅れによるキャンセルをご希望の場合は全額返金いたします。
※納期遅れ以外でのキャンセルは承れませんので、ご了承くださいませ。

SIZE

Q&A

Q
「ZUBORA」のバリエーションはこれだけですか?
A
2016年モデルは一型、2カラーのみとなります。
Q
オーダーメイドでオリジナルのバッグを作っていただけませんか?
A
個人の方に一点物のオリジナル制作は請け負っておりません。ですが、デザインや好みのご希望を叶えるためのオーダーメイドはいたしませんが、障害や疾病など、何らかの不自由に対してのカスタマイズが必要である場合はご相談に乗ります。たとえば「私の車いすは細目にできているので、横幅33cmくらいの細めのZUBORAが欲しいです。」というようなご相談には積極的にご対応させていただく所存です。こちらからお問い合わせください。
http://endswell.net/zubora_contact/
Q
「ZUBORA」の重さは?
A
ご想像より軽いと思います。何グラム・・・といったところでピンと来ないでしょうから、敢えてここは、「軽め」とだけ答えておきます。
Q
オンラインストアにログイン出来ません。
A
お振込によるご予約も受け付けております。
三菱東京UFJ銀行 新富町支店
普通 0096500 株式会社エンズウェル

※お振込みでのご購入の場合、下記メールアドレスに件名「振込み購入希望」とし、
お名前、ご住所、お電話番号、ご希望のカラーをお知らせください。

zubora@endswell.net
Q
「ZUBORA」のバリエーションはこれだけですか?
A
2016年モデルは一型、2カラーのみとなります。


…几帳面な方にも


「すぼらじゃないよ。別にバッグの開け閉めを煩わしいと思ったこともないし、閉め忘れて開けっぱなしにすることなんてないよ。」という几帳面さんにも、バッグの開閉作業がないことがこんなにも「時短」になり、忙しいアナタにこそ重宝する、ということを実感していただける商品です。

ビジネスでも、デートでも、書類や財布の出し入れの際、ファスナーを開ける・閉めるという動作でお相手様を待たせません。「スマート」な身のこなしに好印象を持たれることでしょう。

作家紹介

佐柁ユウ巳


【実績】 
・世界初「車椅子専用ズボン」の立体構造パターンを発明し特許を取得
・世界ゆるスポーツ協会「イモムシラグビー」のコスチューム制作 
・札幌で開催された障がい者のスタイリングファッションショーでの衣装提供 
・筋ジストロフィーの女性歌手のコンサートでリメイクドレスを提供 等



この商品の発端は、友人で脳性麻痺のミュージシャンY君の電動車いすの背にかけたリュックから、彼の名刺やらカメラやらを頼まれて取り出してあげていた時の事。
重度の脳性麻痺でありながら、音楽が大好きで、鳥取から大好きなミュージシャンのオールナイトライブに参戦するために一人で上京するぐらいアクティブな彼だけど、バッグから何か取り出すには必ず人の手を必要とします。
言語障害もある彼とは、意思の疎通が一発でうまくいかないとことも多く、彼がどこのポケットから何を取り出してほしいのか、わからなくて四苦八苦することもしばしば。
もし、彼がバッグを自分で開けられて、ループにひっかけるなりして、財布やポーチを取り出すことができたら・・・。
なにもかも自分の思い通りになるわけではないけれど、それでもいくらかでも意思の疎通が楽になり、介助する側にとっても「サポートって大変」って感覚が薄れるかもしれない。
それでファスナーがなくても開け閉めができるバッグの研究を始めました。
Y君だけでなく、頚椎損傷の方や、先天性下肢麻痺の方、四十肩の人、握力がない方、肢体不自由児を連れて歩くお母さん・・・いろんな方にバッグでどんなことに不便を感じているかをリサーチしました。また、ただ、話を聞くだけではなく、半日行動を共にし、どんな時にどんなアクションで「生活」をこなしているのかを観察しました。

そうして試作に試作を重ね、誕生したのが「ZUBORA」です。

出来てから自分で半年間試用し、「これは便利だ」と確信しました。


 

TOP